クラフトフェアまつもと2018

b0344006_17003835.jpg

先週の日曜日のことになりますが、松本市あがたの森公園で開催された「クラフトフェアまつもと2018」へ行って来ました。

前々から一度行ってみたいと思いつつも、愛知県からではなかなかその機会がなく。
せっかく長野県に越してきたんだもの!と、三才山峠を越えてえんやこら出掛けました。

b0344006_23582215.jpg

b0344006_11531846.jpg

あがたの森公園は、旧松本高等学校跡地です。
その当時の校舎が残されていて、映画やドラマの撮影で使われることもあるそう。

b0344006_11555793.jpg

ブルーグレーの壁色が、かえってイマドキですよね!
とても素敵です。

この公園全体を使っての大人気イベント。
全国各地からやってきた作家さんたちのテントが、ものすごい数で連なってます。

b0344006_11592081.jpg

それぞれのブースの作家さんと話ながらのお買いものが、とっても楽しいんです。

b0344006_12003712.jpg

黄色好きってのと、棚の下にみえるアダンの実につられて器が欲しくなるも、ちょっと予算オーバーのため散々悩み断念。
そんなやり取りも楽しい。。。

b0344006_12030796.jpg

そして結局連れて帰ってきたのは、こちらの6点です。

恩田陽子さん作の、カップとお皿。
錆びた金属のような色合いが気に入りました。
酸で変色するとのことなので気をつけながら、でもその色の変化も楽しんで使います。

b0344006_12075567.jpg

恩田陽子さん。
岐阜県瑞浪市の工房からいらしたとのこと。
また来年のクラフトフェアでもお会いしたい。

b0344006_12092468.jpg

真鍮のスプーンは、田中俊介さん作。
金槌でトントン叩いて形を作られてるので、肌触りがとてもやわらかくなめらかです。
こちらもまた、塩分や湿気で変色しますが、器同様その経年劣化も楽しむということで。

このクラフトフェアの場所から、有名になっていく作家さんもいらっしゃるそうで、本当に人気のイベントなんです。
2日間の開催で5万人を超える動員数だそうですよ。

お天気にも恵まれて、いや暑くて汗だくでしたが、宝物を探すみたいでとてもワクワクして楽しかったです。
同じところを行ったり来たり、買うまで散々悩んだり、付き合わされた旦那はグッタリでしたが、「疲れたけど普通の買い物よりは面白いものがたくさんあってマシだった!」とのこと。

また来年も5月の最終土日は、クラフトフェアのために予定しとかないと~♪










[PR]
by chimugukuru | 2018-05-31 22:59 | おでかけ | Comments(0)