ポンペイ壁画展

b0344006_20254330.jpg

短い夏休み、名古屋市博物館で開催中の「世界遺産 ポンペイの壁画展」へ出かけてきました。

約2000年前、ヴェスヴィオ山の大噴火により終わりを迎えた古代都市ポンペイ。
一気に押し寄せた火砕流はポンペイの豊かな暮らし、素晴らしい文化をまるごと飲み込みました。

"ヴェスヴィオ山の噴火はひとつの街の悲劇であり、同時に古典考古学にとっての幸運でもありました"
ナポリ国立考古学博物館館長さんの言葉です。

私たちが知ることが出来るのも、悲劇が生んだ幸運のおかげなんですね。



b0344006_20403988.jpg

カバーがとっても素敵な図録。
図録ってけっこうなお値段、でも家でゆっくり復習できるし解説もとても詳しくて深い。。。
気の向いたときに目の保養になるし♪

そして今回の限定ものでルピシアのお茶、これは高いぞっ!
「小鳥」コーニスの上にとまった黄色い小鳥 キガラシコウライウグイスが描かれてる壁画の断片モチーフのお茶缶。

缶がお目当てでチェックしてたんですが、実物観て目がテン…
ちっちゃ Σ(T▽T;) ナニコレ。

南天のど飴よりも小さいです(笑)


b0344006_20574702.jpg

美術鑑賞したら、やっぱりお腹が減る。
我慢できなくて博物館の近くで探し、牛カツ「じょじょ吉」さんに入りました。

サーロインステーキの牛カツ。
薄いけど見た目よりボリューミー!
これにご飯とお味噌汁、ドリンクにデザートプレートついて1,450円。
かなりリーズナボー( ☆∀☆)!

ソースが、大根おろしポン酢・山椒塩・トンカツソース・わさび醤油の四種類あって楽しい。
名古屋市博物館にお出かけのときに、是非オススメのお店です。

あっ、もちろんポンペイ壁画展は超オススメですよ~!
ナポリまでなかなか行けないですからね、貴重な遺産を鑑賞できるよい機会だと思います。

9月25日まで名古屋市博物館で開催中です。











by chimugukuru | 2016-08-18 21:00 | おでかけ | Comments(0)