《GW鎌倉の旅》花と眺望の祈願寺 鎌倉長谷寺~稲村ヶ崎でトンビに狙われる!

b0344006_10351626.jpg

GW鎌倉の旅 まだまだ続いてます。。。

ドイツパンのベルグフェルドでランチをしたら、さらに歩いて鎌倉長谷寺へ。
正式には、海光山慈照院長谷寺というそうです。

ご本尊の十一面観音菩薩像さまのあまりの美しさに言葉を失います。
涙ぐみ手を合わせてるかたも、たくさんいらっしゃいました。
仏像にさほど興味がない私でも、去り際何度も振り返りたくなる美しさ!

『ほら、見に来てよかったでしょ』と、誇らしげなミスター。
本当に綺麗だったなぁ~♪

b0344006_10514969.jpg

花と眺望の祈願寺というだけあって、相模湾を一望できる素晴らしいところにあります。

残念ながら、藤の花の見頃はちょうど終わり、紫陽花はまだまだこれからって時。
でも境内は見所満載で、時間の余裕をもって訪れたい場所です。

気になったのはやっぱり美味しいところ、由比ヶ浜パノラマビューの海光庵。
精進料理の教えを元に作られた食事や甘味をいただけるそうです。
『お寺のカレー』ってのが食べたかったけど、満席で諦めました。

さぁ、ここからは海街に出てくるお店やドラマのロケ地を見に行くよ~!

b0344006_12570268.jpg

力餅家さんです。
300年以上続く老舗の和菓子やさん。

パタパタはためく暖簾と老舗らしい佇まいに興奮です。
お饅頭を買い求める人&撮影するひとが絶えません!

b0344006_13051302.jpg

そしてやっぱり買うのは、面掛行列のお面の形の『福面まん頭』と御霊神社に祀られる鎌倉権五郎景政にちなむ『権五郎 力餅』。

あとで稲村ヶ崎で休憩する予定なので、ここでは我慢。
(→ここで食べとけばよかったとこの後、激しく後悔…)


b0344006_13091053.jpg

鎌倉を好きになったそもそものきっかけのドラマ『最後から二番目の恋』

その長倉家のロケ地『カフェ 坂の下』さん。
外観もだけど、家の中が見たい~!と楽しみにしてたのですが、
思ってた通りすごい行列…人気ですよね。

狭い路地が入り組んだこの辺りは素敵なお店が盛りだくさん。
前を歩く観光客っぽい人についていって『はっ!こんなとこにお店が!』みたいな発見もあって楽しかったです。

b0344006_13312945.jpg

坂を下ると海に出ます。
この日は、風が強く砂がかなり飛んできてるから近づかない方がいいよ~と、シーガル柄のバッグを買ったショップの方に言われてたのに来ちゃった。

やっぱり海見たいもんな。
でも本当にすごい風と砂…すぐに退散です(笑)


b0344006_13360176.jpg

海岸から離れて、極楽寺坂切通を抜けて江ノ電 極楽寺駅まで歩きました。
切通の中は風もあまり吹いてなく湿度もかなり高かったので、汗だくになってしまった~。

b0344006_13383977.jpg

はい、ここ極楽寺駅にもこんな撮影ポイント。
おもしろかったよな~再放送しないかなぁ♪

ここからは江ノ電に乗って稲村ヶ崎を目指します。


b0344006_13410795.jpg

稲村ヶ崎、やっぱり風が強かった!
駅からこの鎌倉海浜公園までの道のりでも、風で飛んでくる砂が痛くて大変でした。
日除けと砂避けでサングラス必須アイテムですね。

日光浴をしてる人がたくさんいる芝の広がる丘で休憩。
さぁ、さっき力餅家さんで買ったの食べようと袋からガサゴソ出すと…
頭上に黒い影とバサッと大きな羽音!
トンビだっΣ(゜Д゜)

よく見てみると、お菓子の袋を目掛けて急降下してたり、ピクニックしてる親子の頭上をずっと旋回してたり…

せっかくのお饅頭なのに、バッグ中で封を開けパクッとひとくちで食べました!
素早くやったつもりでもトンビは飛んできて、あまり味わえなかったよ。
お店のとこでゆっくり食べればよかった~。

食べ物さえ出さなきゃ、ここ稲村ヶ崎は休憩するには気持ちいい所でした♪
海は綺麗だし、江の島も見える。
運が良ければ富士山も見えるのかなぁ。

きっとみんな夕陽の時間までここでゴロゴロするんだろうな。
波の音とトンビのヒョロロロ~って鳴き声を聞きながら、しばらくボーッとした時間は最高でした!













[PR]
by chimugukuru | 2016-06-12 14:15 | 2016年5月GW 鎌倉の旅 | Comments(0)