わたしの3冊

b0344006_20533536.jpg

CREA 9月号 読書って楽しいをパラパラ読んでたら、
有名人の方々の『わたしの3冊』が紹介されてます。

みんな難しくってカッコいい本ばかりあげてて、すごいなぁ~と!
私も本好きだけど、難しいのとかメルヘンの世界とか苦手です。眠くなっちゃう。
学生の頃の『課題図書』も興味が沸きませんでした…

海外旅行のガイドブックで読書感想文を提出した夏休みもありました~(笑)。アホな子供だったね、私。

で、勝手に『わたしの3冊』あげてみましょ。
本棚バーンッ!と開けて。

b0344006_21081583.jpg

『放課後の音符』 著者 山田詠美

高校生の時、美しい装丁に惹かれて買った本。
何回目かの思春期真っ只中の私はドキドキしながら読んだ記憶があります。
憧れやヤキモチ、好きな人と目が合った時、好きな人が他の子と目が合ったような気がした時、若かりし頃にありがちなドキドキが美しく書かれてて引き込まれました。

山田詠美さんのファンになったきっかけの1冊でした。
あとがきに書かれてた、人生のいつくしみ方を知ってるのが良い大人 になれたかなぁ~私。


b0344006_21184103.jpg

『西の魔女が死んだ』 著者 梨木香歩

今まで出会ったなかでいちばん好きな本、何度も読み返した本。
感性が人と違ってても大丈夫なんだ~!って、優しくさりげなく伝えてくれました。
映画ロケ地の清泉寮も見に行ったけど、その時は閉鎖されてて…残念。

オバアチャン ノ タマシイ、ダッシュツ、ダイセイコウ

最期は何度でも泣けてしまいます。


b0344006_21325393.jpg

『ホテル・ハイビスカス』 著者 仲宗根みいこ

沖縄の姿がユーモア満点に描かれてて、沖縄のことをまだ殆ど知らなかった私はとても勉強になりました。
ツラく悲しい歴史のこと、それを乗り越えた沖縄の人たちのこと。
キジムナーのこと(笑)。
私の母が夏によく着てたアッパッパが登場して、沖縄でもアッパッパって言うんだ!と嬉しくなりました。

映画もとてもおもしろかったです。

これが、わたしの3冊 です。
(どーでもいいかと思いますが…)

欲張って番外編。
b0344006_21431473.jpg

沖縄移住に突き進んでた頃の愛読書、沖縄スタイル。
あんなに情報満載でおもしろかったのに、何で終わってしまったのか…その時は道を絶たれた気分になりましたよ(泣)

そして、この10号は沖縄で頑張ってる友人が載ってるので大切な1冊。
沖縄移住の大先輩、頑張ってる姿はその当時も今でも私たち夫婦の励みになってます!
沖縄で暮らせるのいったいいつなんだ~o(T□T)o


自己満足の長い話を読んでくださりありがとうございました。
おつかれさまでした。。。










[PR]
by chimugukuru | 2015-08-22 22:00 | 心に残る本と映画 | Comments(0)